着物買取に必要な情報は!

着物を売りたいと思ったときに必要な情報を更新していきます。

着物

お下がりの着物を引き継がせる場合は?

お下がりで引き継ぐときの注意点 お下がりの着物ですが、お手入れやメンテナンスを定期的におこないましょう。お下がりの中には、3代前から着られ続けている着物もあります。何十年もたった古い着物になりますと生地そのものが劣化してしまうため、修復不可…

お下がりの着物を処分できないのであれば再利用を

着物の処分がなかなか出来ないようなら、お下がりの着物をリメイクすることで再利用するというのも手です。 着物リフォーム お下がりの着物だと、古くて色あせているやサイズが合ってない、シミ付きといった問題が発生することがありますが、着物をリフォー…

お下がりの着物をどうする?

お下がりの着物を着る場面としては一年を通していくつかあると思いますが、その最たるイベントといえば成人式や七五三ではないでしょうか。記念のイベントですので、お子様に七五三や成人式用に誂える人もいらっしゃる反面、姉妹や年齢の近い親戚の子がいる…

着物を高額で買い取ってもらうコツは?

実際に着物買取に出す場合、せっかくですから高額査定で買い取ってもらいたいですよね!ポイントがありますので紹介します。それは、着物の質になります。着物買取で高値がつきやすいのは、人気なものは当然で買ったあとに売れる品であることがとても重要で…

遺品の中にあった着物を買取に

着物買取の業者がどこまで買い取るのか疑問をお持ちかと思います。また、そもそも遺品を買い取るのかという疑問もあるかと思います。 そんな疑問ですが、「遺品から出てきた着物は買い取れない」ということはまずありえません。遺品は、そもそも殆どの品が買…

遺品の着物処分はどうするの?

遺品整理の中でも処分に悩むのが着物になるのではないでしょうか。サイズが合えばいいですが、手縫いの着物を仕立て直すには手間暇と費用がかかってきます。かといって生前大切にしていた着物ということを考えると思い出もあり、捨てるということはできませ…

着物処分は適切な方法で

着物処分は、着物の状態によって適切な方法で行うのがポイントになります。 着物の状態が悪い、または安価な素材 汚れや傷があったり、破けたりしているなど保存状態が悪いものは買い取りしてもらえないことがあります。そういった着物ですと人に譲りにくく…

着物の種類ごとの処分について

着物は様々な種類がありますが、どのような処分の仕方が適しているのでしょうか。 七五三 七五三の着物は、流通量がそもそも少ないうえ、張り切って仕立てることもあり高価なものが多く、着物買取に出すと比較的高値になります。また、着物だけでなく、帯や…

着物処分のその他の方法について

着物の処分の方法には、着物買取の専門店のほかにも、質屋やリサイクルショップ、オークションで売却する、ゴミに出す、リメイクする、着てくれる人に譲るなどいろいろな方法があります。 リサイクルショップ リサイクルショップの場合は、気軽に誰でも利用…

着物を処分したいときには…

祖母や母親の形見や親せき、知人からお下がりとしていただいた着物や、成人式や七五三で作った着物が自宅のタンスの肥やしになっている人も多いかもしれません。着物が好きで、譲り受けた着物が自分のサイズや趣味に合ったものなら、有効活用できるかと思い…

着物に合うメイクのコツは?

着物に合うメイクってどんなの? そんな風に思っている人が多くいます。普通に生活していると着物を着る機会は少ないのでそう思うのかもしれません。ですが、初詣や成人式、結婚式、祭りなど、意外と着物を着る機会というのはあるんです。 普通のメイクでも…

着付けに必要な帯の小物は?

びょうじめ 伊達締めの代用品として使うことができ、マジックベルトですので締めやすく使いやすいです。 和装ベルト(着物ベルト) びょうじめと同じくマジックテープですので簡単にとめることができます。胸元に使うのが一般的になりますが、胸の豊かな人の…

着付けに便利な小物は?

補整用品 補整用品は、ウエストやヒップといった身体のラインを目立たなくするために使います。パッド以外にもタオルを使って代用します。 着物の着こなしの半分は、補正で決まるといわれています。この補正の良し悪しは、着物姿に直結しますのでとても大事…

着物の生地の見分け方は?

絹 絹はなめらかで肌触りがよくあります。着物に詳しい人ですと触った時に生地の違いに気付きますが、着物に詳しくない人ですと絹と化繊の違いが分かりにくくあります。違いとしては、化繊は絹に比べてやや軽くあり、絹の方がしっとりした手触りになります。…

着物の種類と生地の特徴

絹の特徴 絹は正絹とも呼ばれており、昔ながらの技法で仕立てられた着物になりますと、正絹で織られています。この素材の特徴としては、美しく上品な雰囲気があり、手触りがよいことでしょう。そんな絹ですが弱いところもあり、湿気に弱く汚れやすいというこ…

季節に合わせた着物を

日本には四季があります。それに合わせて年に3回の衣替えがあります。袷や単衣、絽、紗がシーズン毎に分かれていて、季節に合わせてーディネートをします。季節感を取り入れる装いは、着ている方も見ている方も楽しむことができます。 また、季節を先取りし…

着付けには欠かせない帯の結び方

帯の結び方の種類は様々です。基本となる文庫結びやお太鼓結び、振袖を着る際のふくら雀結び、アレンジできる結び方といったように様々な帯結びが存在します。 一重太鼓結び 基本の結び方になります。基本になりますので、これが結べるようになりますと殆ど…

着物の着方を知ると楽しさが倍増

そもそも、着物を着る機会は少ないという現状があります。 着物は持っているけれど自分で着ることができないという方も多くいます。ですが、着物の着付けができる人でも、普段から着物を着ていないと忘れてしまうことがあるかと思います。 年配の方が、自分…

TPOに合わせた着物の着方

着物はTPOに合わせて着方がたくさんあります。 黒留袖 留袖は、格の高い礼装になります。着物の格としては第一礼装になります。 着物の格は、紋の数でも決まります。この黒留袖は、結婚式に新郎新婦の母親が着ています。家の格式や伝統を重んじる日本ならで…

着物の着方で美しく

着物姿を美しく見せるためには、着物の正しい着方を知ることから始まります。 そもそも自分で着付けができる人が少ないので、着付け教室や専門の人に教わるのがよいでしょう。その際、着付けだけでなく、着物着た際の細かい動きを教わることで品格のある姿を…

着物の着付けと帯の種類や結び方は?半幅帯編

カジュアルに着用することが多い半幅帯 半幅帯は、基本的にはカジュアル用としてつけることが多い帯になります。この帯に合わせる着物としては、一般的には浴衣になるでしょう。小紋や紬などにも使われています。 名古屋帯よりも帯幅が狭いので、着付けが楽…

着物の着付けと帯の種類や結び方は?名古屋帯編

袋帯に改良を加えたのが名古屋帯 名古屋帯は、 素材や柄によってフォーマルな場でも締めることができる便利な帯になります。 この帯の由来は、名古屋女学校の創立者である越原春子が考案したことからとされています。当時は、袋帯が主流になり、着付けに時間…

着物の着付けと帯の種類や結び方は?袋帯編

七五三や成人式には振袖を、習い事や茶道などで着物を着る機会が多いのではないでしょうか。 ですが、「着付けは難しい」そんなイメージを持っている女性は多いと思います。しかし、着付け教室で習えば、着付けや帯の結び方は難しくありません。 着付けで悩…

沖縄の着物や小物は独特の装いが

小物類は、着物を引き立たせる重要なアイテムです。しかし沖縄小物について知らない人も多いと思います。そもそも全国には友禅や小紋、紬といった有名な着物がたくさんあります。沖縄にも琉球ならではの着物がたくさん存在します。独特の発展を遂げ琉球着物…

着物に合うヘアスタイルは?

シニヨン 着物の着方と同じくらい大事になるのが髪型になります。どんなに素敵な着物を着たとしても髪型が決まっていなければ全体としてのイメージがよくありません。着物に合う髪型として、シニヨンと呼ばれる正統派なものがあります。シニヨンとは、髷を作…

着付師になるための方法は?

着付師になるためには、まずは着付け教室に通うとよいでしょう。 初心者向けのコースで基礎を学び、そこから着物教室のお仕事をもらえることもあります。 また、着付けにも華道や茶道と同じように流派があります。 着付師の役割として、日本の伝統を伝えるこ…

古い着物を処分するにはどうすれば?

古い着物や帯が、今の自分の好みに合わなかった場合や古すぎて穴やシワ、カビが発生していて着ることができない場合など、どのように処分するのが一番良いのでしょうか? ゴミに出すだけではなく、古い着物だとしても買い取ってもらえる場合があります。 ①ゴ…

染めと織りの帯ってどう違う?格の違い編

染め帯と織り帯の格の違い 着物とは逆で帯は、織りの方が格が高いとされています。「染め着物には織りの帯」「織り着物には染めの帯」を合わせることで、生地の質感の違いが着物と帯のバランスが上手くまとまり、また格を揃えます。 織りの帯の多くは、金糸…

染めと織りの着物ってどう違う?織りの着物編

織りの着物とは 糸を染めてから織り上げられたものを、織り着物といいます。 染め着物と比べますと格が下がってしまい、普段着や街着として着ることができます。 織り着物とは主に紬のことをいい、紡いだ白糸を染料の入った鍋に漬け込むことで、色を染めつけ…

染めと織りの着物ってどう違う?染めの着物編

着物は大きく分けると「染め」と「織り」になります。先に糸を染めてから織るのを織りの着物。織り上げられた白生地を後から染めるのが染めの着物になります。 染め着物とは 細い生糸で織られた白生地に、柄や色の染色をほどこしたものを染め着物と呼ばれて…