着物買取に必要な情報は!

着物を売りたいと思ったときに必要な情報を更新していきます。

TPOに合わせた着物の着方

着物はTPOに合わせて着方がたくさんあります。

 

黒留袖

留袖は、格の高い礼装になります。着物の格としては第一礼装になります。

着物の格は、紋の数でも決まります。この黒留袖は、結婚式に新郎新婦の母親が着ています。家の格式や伝統を重んじる日本ならではの着物になります。

今では、華やかさのある色留袖を着ている人が多い傾向にあります。時代によって着物の着方も変わっていきます。

 

訪問着

結婚式に親族ではない人が着たり、お茶会やパーティーなどで着られています。見る者をうっとりとさせる印象があり、また、落ち着いた雰囲気の中にも自分を主張する印象があります。また家紋において、紋の数が多くなるほどフォーマルの度合いが高まります。

 

色無地

色無地の着物は、入学式や卒業式などに母親が着る着物になります。ですが、今では、訪問着を着る人が多くいるようです。

 

カジュアルな着物

普段着の着物になり小紋と呼ばれる着物になります。友人との食事や観劇、ショッピングなどに行く時に着る着物になります。正装が必要な行事以外で、着ていくことが出来ます。江戸小紋小紋の仲間になります。普段着になりますので、初めて着物を着る人が小紋から始めたという話はよく聞きます。普段着に着物を着ている人は、今では少なくなりましが、街で見かけると素敵な印象を受けます。

着物の着方で美しく

着物姿を美しく見せるためには、着物の正しい着方を知ることから始まります。

そもそも自分で着付けができる人が少ないので、着付け教室や専門の人に教わるのがよいでしょう。その際、着付けだけでなく、着物着た際の細かい動きを教わることで品格のある姿を見せることができます。着物を着こなすためには、それ相応の細かい所作が必要になります。

 

美しいと思える基本所作

・姿勢

両腕を自然に下ろして、指先を綺麗に揃えます。

背筋を伸ばして胸を張ります。その際、直線を意識して立つことを心掛けるようにしましょう。膝裏を伸ばして脚をまっすぐにします。お腹を引きまして状態を保つようにします。

顎は少し引き気味にして、身体の中心に頭を持ってくるように意識します。視線は少し遠くを見るイメージにするとよいでしょう。

・歩き方

身体を極力揺らさず真っ直ぐに歩くようにします。お腹を引いた状態で腰から進むイメージで、腕は自然に下ろした状態にして進むようにしましょう。

・お辞儀

会釈するときは、状態を揺らさないようにしましょう。 

・立ち方

足のつま先を立て腰から浮かせるイメージで身体を揺らさないようにします。足を揃えて静かに直立の姿勢を保ちながら、裾が開かないように右手を添えて立ちましょう。

・座り方(正座)

身体を真っ直ぐにして腰を沈めるようにします。左足の親指を右足に重ねるようにして正座をします。その際、こぶし一つ分膝を開けるようにして座るようにしましょう。

広告を非表示にする

着物の着付けと帯の種類や結び方は?半幅帯編

カジュアルに着用することが多い半幅帯

半幅帯は、基本的にはカジュアル用としてつけることが多い帯になります。この帯に合わせる着物としては、一般的には浴衣になるでしょう。小紋や紬などにも使われています。

名古屋帯よりも帯幅が狭いので、着付けが楽な帯といえるでしょう。結び方の種類が豊富にあり、華やかな飾りはもちろん、カジュアルな飾りがあり、あなたの着物をより一層引き立ててくれます。

 

着付けの時に押さえておきたい結び方

文庫結び

文庫結びは、古典的な帯結びになり、この結びが生まれたのは戦国時代といわれています。浴衣を着る場合、大半の人が文庫結びにしています。浴衣と帯がセットで販売されていて、最初から文庫結びまたは蝶結びになっています。

 

一文字結び

カジュアルな場面に付けることができ、シンプルですっきりした印象を与えます。普段の場合だけでなく、袴の場合でも一文字結びが合います。この一文字結びは、比較的簡単な結び方になるので、着付けに慣れていない方におすすめになります。

 

貝の口結び

背中に貝の口が付いた見た目になり、落ち着いた雰囲気を演出してくれます。華やかさよりも動きやすさを重視しており、日常的な結びといえます。他の結びと違い引っかかりがありませんので動きやすくあります。

着物を着付けるときには、覚えておくととても便利な結び方です。

着物の着付けと帯の種類や結び方は?名古屋帯編

袋帯に改良を加えたのが名古屋帯

名古屋帯は、 素材や柄によってフォーマルな場でも締めることができる便利な帯になります。

この帯の由来は、名古屋女学校の創立者である越原春子が考案したことからとされています。当時は、袋帯が主流になり、着付けに時間がかかりました。そこで着付けの時間を短縮するために幅や長さを改良して、帯の利便性や実用性を向上させました。この名古屋帯袋帯と比べましても素材が軽いため、着付けが比較的簡単になりました。

着付けの時に押さえておきたい結び方

お太鼓はスタンダード

名古屋帯で代表的な結び方は、お太鼓になります。名古屋帯はそもそも、カジュアルとして結ばれる多く、お出かけ用の着物に広く用いられています。また名古屋帯の結び方としては、このお太鼓結びがスタンダードで、目にする機会が多くあります。

そのため、名古屋帯は種類が豊富にあります。利便性や実用性が高いものが多くあります。美しい着物姿に仕上げるためには、身長などを考慮して全体のバランスを調整することが重要になります。

 

角出しで街着や普段着の着物に

角出しは、江戸時代に考案された結び方の一つになります。紬といった普段着用の着物には、この結び方が一般的になります。今の角出しと昔の結び方とでは、形状が異なります。お太鼓の中に手を通したような形で、下の部分がやや角張っており、シャープな印象を与えています。

 

銀座結びで着付けにアクセントを

銀座結びは、角出しをアレンジしたものになります。戦後の頃、銀座のホステスが考案し、結び始めたことからこの呼び名がつくようになりました。

お太鼓をまず作り、長めにとったお太鼓の中に手を入れて、帯締めを締めます。良いアクセントになりますので、おすすめになります。

着物の着付けと帯の種類や結び方は?袋帯編

七五三や成人式には振袖を、習い事や茶道などで着物を着る機会が多いのではないでしょうか。

ですが、「着付けは難しい」そんなイメージを持っている女性は多いと思います。しかし、着付け教室で習えば、着付けや帯の結び方は難しくありません。

着付けで悩みがちになるのが帯の結び方になります。帯は様々な種類がありますので、それぞれ結び方が違ってきます。ここでは代表的な帯の種類を、ベーシックな結び方から個性的で可愛らしい結び方をいくつか紹介します。

 

汎用性の高い着付け帯といえば袋帯

袋帯は、主に留袖や訪問着、振袖などに用いられており、一般的で最もフォーマル帯といえます。

袋帯は、二枚の異なる生地の両端を縫い合わせて袋状のつくりが特徴になり、着付けとしては二重太鼓で結ぶのが一般的になります。礼装の着付けに用いられますが、帯の柄行によっては、準礼装の訪問着・着け下げ・色無地、そしてお洒落着の小紋などに幅広く締められる帯になります。

 

着付けの時に押さえておきたい結び方:袋帯

二重太鼓は帯の結び方で最も一般的

袋帯を使った結び方の中で最もポピュラーと言える「二重太鼓」になります。晴れやかな場やお祝いの場での着物の着装時にはこの結びを用います。

 

扇太鼓はお祝いの場に向いた結び方

扇太鼓という名前は袋帯を使った場合で、名古屋帯の場合は名前が変わります。扇太鼓の由来は、花街の太鼓橋の形からきていると言われています。二重太鼓と同じく、お祝いの場に向いた結び方になり、お祝いの気持ちを表現する意味が込められています。訪問着や付け下げなどの着物に用いられていますが、数ある帯の結び方で華やかさとしては一番です。

 

福良雀は帯の結び方の中でも粋

この結び方は振袖用の帯として考えられた結び方になります。由来としては、寒さをしのぐ雀を正面から捉えた姿としてその見た目から付けられたとされています。また、名前に幸せが長く続くようにとそういった願いが込められています。もともとは、お見合いや結納といった場で結ばれていましたが、今では見かけることが少なくなりました。ですが、その愛らしい雰囲気は、時代を超えて晴れやかな場に合います。