着物買取に必要な情報は!

着物を売りたいと思ったときに必要な情報を更新していきます。

お下がりの着物を処分できないのであれば再利用を

着物の処分がなかなか出来ないようなら、お下がりの着物をリメイクすることで再利用するというのも手です。

 

着物リフォーム

お下がりの着物だと、古くて色あせているやサイズが合ってない、シミ付きといった問題が発生することがありますが、着物をリフォームすることでこういった悩みを解決することができます。

色あせがあるなら染め直すことで、サイズが合わないようなら寸法を直すことで、仕立替えをおこなうことで自分に合わせた着物に生まれ変わらせることができます。これらは、リフォーム着物ならではの醍醐味になります。

着物リメイク

お下がりの着物をハンドメイドにて洋服や小物にリメイクする人もいます。着物の布地は、洋服と違い色合いや独特な柄が特徴のものも多く、これをリメイクすることで既製品にはない違った美しさを演出することができます。

ご自身で着物をリメイクすることができなくても、お下がりの着物をリメイクしてくれる専門店もあります。

お下がりの着物をどうする?

お下がりの着物を着る場面としては一年を通していくつかあると思いますが、その最たるイベントといえば成人式や七五三ではないでしょうか。記念のイベントですので、お子様に七五三や成人式用に誂える人もいらっしゃる反面、姉妹や年齢の近い親戚の子がいる場合ですとお下がりの着物を譲り受ける場合があるかと思います。お下がり着物は、元々の所有者の好みやサイズが反映されているために、中にはサイズや趣味が合わないため着るのをためらってしまう人がいるのも事実です。

お下がりが不要になった着物の処分は?

お下がりの着物が不要になった場合、考えなくてしまうのが、「ためらい」や「忍びなさ」になります。なぜなら、ご両親や姉妹、親戚といった自分に近しい人が着ていたからだと思われます。せっかくお下がりとして残してもらったのに着れなくなったからといって処分するには忍びない気持ちがありますが、いつのまにか箪笥の肥やしになっている。そのままタンスの肥やしにするならと、効率よく処分する方法やタイミングを計ることが必要です。

お下がりの着物の状態が劣化したタイミングに合わせて処分するのが最も良い方法ですが、着物が劣化するのを待つのは現実的ではありません。もちろん思い入れのある着物を劣化させるために汚すのも忍びないですね。

気持ち的に処分ができないようであれば、再利用になります。

その方法については、次回紹介していきます。

着物を高額で買い取ってもらうコツは?

実際に着物買取に出す場合、せっかくですから高額査定で買い取ってもらいたいですよね!ポイントがありますので紹介します。

それは、着物の質になります。着物
買取で高値がつきやすいのは、人気なものは当然で買ったあとに売れる品であることがとても重要です。なので、着物の素材が重要になります。

素材としてはたくさんありますが、一番人気なのが正絹です。希少性が高くて価値がある正絹ですが、その正絹を使って織られている反物の価値が一番高くなります。正絹のの重さの単位を「モンメ」といいますが、このモンメが多ければ多いほど、買取額が高くなりやすいです。夏場の着物ですと、麻の素材で出来ていてる着物が高値になる傾向です。

ポリエステルといった化学繊維などは、逆で、安い買取額になってしまいますので、注意が必要です。

その他に証紙があります。この証紙は、着物の品質を証明する紙になります。この紙に、着物の製作者や素材、産地といった情報が記載されています。この証紙があることで、例え着物に詳しくなくても着物の価値をジャッチすることできるんです。

逆にいいますと、証紙がついているからこそ、証明された着物になるので高価な着物なんです。ですから、買い取りに出すと高めの査定で買い取ってもらうことができます。

証紙は一枚の紙になりますが、この証紙があるのとないのとでは、着物の評価が変わってきます。特に、伝統工芸品の着物や人間国宝が仕立てた着物など、価値の高い着物を売る場合には、必ず付けるようにしましょう

ですので、着物を購入したときには、証紙や付属していた物は捨てずに、大切に保管しておくようにしましょう。そして、着物買取をお願いするときには、一緒に付けるようにして、着物の価値を上げるようにしましょう。

こういったように、より高く売れるための工夫することがとても大切になります。

高くなるためのポイントが詳しく書かれているサイトがあります。

遺品の中にあった着物を買取に

着物買取の業者がどこまで買い取るのか疑問をお持ちかと思います。また、そもそも遺品を買い取るのかという疑問もあるかと思います。

そんな疑問ですが、「遺品から出てきた着物は買い取れない」ということはまずありえません。遺品は、そもそも殆どの品が買取対象になります。さすがに汚れているものですと買取の対象外になる事もありますが、ものによっては買取対象となる可能性が十分にありますので、一度は相談してみる事をおすすめします。遺品であることで価値あるものが安く買い叩かれてしまうことはなく、なので査定額に影響する事はありえませんのでご安心ください。

遺品整理ができ、さらに高額で買い取ってもらえるとしたら利用しない手はありません。もちろん買取業者によりますが、ご自宅まで査定員が査定をしにくるので大切な着物を運ぶ必要がありません。その場で査定を受けることができ、価格に納得できたら現金をその場で受け取ることができます。

納得できない場合は、キャンセル料や査定料はもちろん、相談料が一切無料になりますので安心して利用することができます。

遺品の着物処分はどうするの?

遺品整理の中でも処分に悩むのが着物になるのではないでしょうか。サイズが合えばいいですが、手縫いの着物を仕立て直すには手間暇と費用がかかってきます。かといって生前大切にしていた着物ということを考えると思い出もあり、捨てるということはできません。

形見として保管

手間が掛からないので一番楽な方法になります。ですが、問題としては保管場所になります。親族で分担したとしても、自宅のタンスにて保管しなくてはいけないので、後々、タンスの整理が必要になります。

自分の手でリサイクル

着物はリサイクルする事ができ、糸を解くことで長襦袢にしたり布団カバーにしたりと応用が利きます。ですが、リサイクルにはある程度まとまった時間が必要になり、専門知識も必要となってきます。大量の着物が遺品としてある場合には、現実的な手段ではないでしょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップに持ち込むことで買い取ってもらえるので、大量の着物だとしても引き取ってもらえる可能性があります。整理も可能になり手間もそれほどかからないかと思われます。ですが、持ち込むために着物を持ち歩くというのは体力を消耗しますし、着物専門の査定士がいませんのでブランド着物であったとしても殆ど値段はつかないでしょう。

着物買取業者

着物買取業者に買い取りを依頼することでプロの査定員が高値で着物を買い取ってくれます。出張買取をしている業者ですと、電話をするだけで自宅に査定員が来ますので手間が殆どかかりません。素人目ではわからない着物が思わぬ高値にということもあり、なおかつ査定も短時間で終わり、そして換金までしてくれます。